FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 麻雀で役無し和了を認めた場合ゲーム性は向上するかTOP > 日記 > 麻雀で役無し和了を認めた場合ゲーム性は向上するか

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 麻雀で役無し和了を認めた場合ゲーム性は向上するか|日記

2014-11-20_151803.png


記事タイトルですが
「麻雀で役無し和了を認めた場合ゲーム性は向上するか」
という内容で記事を書いてみたいと思います。

画像は意味が無さそうでちょっと関係してきます。

2014-11-20_154833.png


まず上記のような形で
リーチ、槍槓、海底撈月、河底撈魚などが付かないとして
和了をすれば当然役無しとなりチョンボとなります。

このような和了として認めた場合
ゲーム性が向上するかというのを考えていきたいと思います。


和了の得点は・・・

1.和了 0点
2.ドラ あり なし
3.供託、あり なし
4.積み符 あり なし


こんな感じでしょうか。

ドラ有りだと従来のルールとそれほど違いはなく
むしろドラを役として認めるという話と言えるのでここでは2はなしで進めます。

3と4に関しては多少の違いはあれど
得点が少し動くだけなのでリー棒を出すと狙われやすいなど
そういうものは発生しやすいかもしれません。

役無し和了を認めると
ダマ聴での和了による局の進行が速いなど利点はありそうです。

まあこんなものを考えたところで
実現はしないんでしょうけど、私が麻雀ゲームを作るなら特殊ルールてんこ盛りでしょうね。

ああ、あと画像に関していうなら
役無し和了の形を作ろうとしましたが意外とできないということです。
役牌が鳴ける局面になるしタンヤオになることもある。

アルシャル麻雀時代は役無し和了あったはずなんですが
なぜ無くなったんでしょうねえ。やっぱりドラかな。

あってもよさそうなんですが。
関連記事


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。