FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 握手会の防犯対策を考えてみるTOP > 日記 > 握手会の防犯対策を考えてみる

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 握手会の防犯対策を考えてみる|日記




こんなツイートをしましたがツイートするだけでは能がないし誰でもできるので
防犯対策を考えてみることにしました。

事件の流れ
1.犯罪をする人間がいること
2.ファンの恨みを買うような言動があった
3.凶器を内部に持ち込ませてしまった
4.警備員がすぐに対処しなかった

■ 「1.犯罪をする人間がいること」について
犯罪行為ができる人間性は家庭や学校などで育まれたことは間違いないでしょうが
どんな環境で育とうとも犯罪行為の免罪符になることなんてないと思っています。

そしてこの問題が大きすぎて簡単に解決はできないのではないでしょうか。
1人1人が子供らに対して頼れる大人になっていくことが
悲しむ人間を生み出さないことに繋がるのではないでしょうか。

■ 「2.ファンの恨みを買うような言動があった」ことについて
こればかりはアイドルに悪いところはありません。
アイドルの心と体を金で買おうとしている考えがあるんだろうし
買えると思っているのならアイドルを自分自身で汚している矛盾した行為だ。
アイドル、声優、V系、ジャニーズの追っかけは度が過ぎてるんじゃないでしょうかね。
大切なモノならそういうことをより深く考えて世間に多く愛されるよう考えた方がいい。

■ 「3.凶器を内部に持ち込ませてしまった」ことについて
・まず主催者が握手会に参加する人の荷物を全て強制的に預かる。
・ナンバー付きのかごや袋に入れさせて、ナンバー付きの控えを渡す。
・男女のボディーチェッカーを用意しボディーチェックをする。
・握手後に速やかに取りにこさせる。

これだけで凶器を持たせることや、盗撮行為も防げるのではないだろうか。
ただし握手時に格闘技術を用いアイドルを襲う可能性は残っている。

大怪我を防ぐためには固定されたイスに座らせた上で握手をさせることだろうか。
危険性を拭いきれない握手会を完全にやめてしまうのも一手だと思う。

まあ本来はルールとマナーさえ守っていれば良いイベントだと思うんだけどね。

■ 「4.警備員がすぐに対処しなかった」ことについて
これは大問題なんですよね。
今回の事件で怪我をされた方もいらっしゃったみたいですが
基本すぐに制圧できるような装備でいないと絶対に駄目。
格闘経験があって凶器にも対応できる猛者をガードにつけないと危ないですよ。

前方で薙刀の使い手を2人構えさせて
後方では体格が良く怖そうな黒人男性を用意すれば威圧感たっぷりだと思う。

弱いものには強く、強いものには弱い。

わりかし本気でこういうこと考えましたけど
アイドルだろうが一般人だろうが傷つける奴は許さないし傷つく人間は無くしたい。
ただそれだけの考えなんですよねえ。
関連記事


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。