TOP > スポンサー広告 > 麻雀牌の選び方 その1 新品と中古TOP > お役立ち情報 > 麻雀牌の選び方 その1 新品と中古

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 麻雀牌の選び方 その1 新品と中古|お役立ち情報

麻雀牌の選び方その1

タイトル通りですが、麻雀牌の選び方について記事にしていきます。

今回は「新品」か「中古」かについてです。

まず一口に「新品」と「中古」と区別しましたが
「新古品」「未開封品」「保存品(保管品)」
「新品同様(美品)」「使用回数数回」「ジャンク品」など
場所によっていろいろな表現が存在します。

これからする説明は大体の場所や物で通じることですが
麻雀牌を購入するというところにスポットをあて
自身が購入した体験と照らし合わせながら説明をしていきます。



■「新品」
麻雀牌における新品というのは製造されて間もなく
適切な環境下で保存され劣化していない状態のものを指します。

私は麻雀牌の販売については、この辺りがグレーな部分だと思っております。
すぐに売れるものではないしある程度保存してあるはずなんですね。
これは「新古品」「保管品」などと品質に大差はないです。

ただ食品・衣料・電化製品に比べると劣化速度ははるかに遅いので
それほど気にする必要はないですし、気にする人は買わないほうがいいでしょうね。
劣化するところは蝶番とパッチン錠の部分ですね。
素材が素材だけにまあこれはしょうがないと言えます。

もう一つ、店頭に保管してあるような品は誰かが触っていることが考えられます。
ケースが開けられる状態にあるものなら予期せぬことがあるかもしれません。

例えば中身を抜く万引きがあります。
外箱やケースが開けられないのならいいのですが
ネットで備品の数をきちんと調べ確認してから買うかネットで買いましょう。



■「中古」
開封し使用したものを指します。

一般的には中古品は使用できるような状態を指し
使用できないもしくは修理が必要なものはジャンク品を指すものと思っております。
オークションなどでトラブルになるのは、この認識の違いでしょうね。

中古の麻雀牌は「牌さえ無事ならそれでよし」としてください。
1セットめを購入する際には備品が必要なので備品の確認は必要ですが
2セット目以降は備品は不要になります。
備品は壊れない限りは一生ものですので
とりあえず安いものを使っておいて後から好きな物を購入するのがベストですね。



■「新古品」
新古品というのは販売店の倒産等で流れた在庫の新品らしいですが
流れてきたルートがわからないので信頼性はやや欠けます。

この表記がしてある場合は自分の目でちゃんと判断して
納得した上で購入するということになります。

品質は新品と変わりがないと思っていてくれていいでしょうが
移動の際に外箱に多少のダメージがある可能性はあります。



■「未開封品」
オークションではよくある表現ですが
ケース自体が未開封というわけではなくて
牌や点棒などの備品が未開封という判断でよいと思います。

しかしオークションでは牌表面の反射なのかフィルムの反射なのか
イマイチ判断しづらいところがあるので、しっかり見ないとトラブルの元です。

未開封品は保管品と組み合わさることが多い状態ですね。

あと未開封品とはいえ長期保管であれば
牌にダメージがある場合がありますので
出品者に確認したほうが安全だと思います。



■「保存品」「保管品」
これはオークションでの表現です。

開封の有無に限らずですが品の状態が良い場合に
こういう単語が付けられることが多いのではないでしょうか。

この単語を目安にすれば美品を手に入れられる可能性はありますが
騙す人間もいるのでこの単語に左右されないようにしてください。



■「新品同様」「美品」
これはオークションでの表現です。

これはオークションで一番気を付けなければいけないものです。
その理由は出品者の主観でしかないという点です。

プロの判断ならわかりますが
私はこの単語が付いている出品物で説明通りだった記憶がございません。

美品を求めるのなら最低でも未開封品以上を選択してください。



■「使用回数数回」
これはオークションでの表現ですが
こいつは絶対に信用してはいけません。

私は信頼したわけじゃありませんが
この表記のものを購入して2回とも明らかな使用感が漂うものが届きました。
100回、200回はやってるだろうと何度突っ込んだか。

何でこうもウソをついて出品する人間が多いのか
私は不思議でしょうがありませんね。



■「ジャンク品」
麻雀牌におけるジャンク品というのは結構狙い目なんですよ。

明らかにジャンク品というかゴミそのものなのに
良い品のフリして出品しているのを見ると嫌になります。

「箱にややダメージがあるのでジャンク品として出品します」
「点棒が足りないのでジャンク品として出品します」
よくわからないのでジャンク品として出品します」

こうした出品者を見ると私は潔さを感じますね。
まあその潔さが狙い目となって良い物を安く買えるんですけどね(笑)。



■麻雀牌を購入する際の状態についてのまとめ
新品があるものなら新品で買え。
新品がないものなら中古で買え。

もうこれに尽きると思います。

お金がなくて安いモデルを選択するのは愚の骨頂です。
中途半端にお金を出すぐらいなら中古の1択です。

焦って買うのは急ぎで必要な状況なのかなとは思いますが
そういうときは誰かに借りるか雀荘行ってくださいな。

2セットめを購入したときに
「なんでこんなクソ牌買ったんだろ」と思わないように
一生愛せるような牌を購入してあげてくださいね。

麻雀牌 青龍III(スリー、花牌ver)
関連記事


コメント

お久し振りです

状態は大事ですよねえ。
画像はできるだけ大きくして、デザインや牌の状態がチェックできるようにしてほしいものです。
箱や点棒は別売りでどうとでもなりますが、私は牌のヒビや欠けだけは譲れない条件だと思ってます。
どうしようもないですし(´・ω・`)

2014年02月28日 23:55 from 麻雀大好きURL Edit

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。