FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 麻雀牌の再塗装 その1 道具を揃えようTOP > 自作麻雀用品 > 麻雀牌の再塗装 その1 道具を揃えよう

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 麻雀牌の再塗装 その1 道具を揃えよう|自作麻雀用品

再塗装01


今回は牌の再塗装について記事にしていきたいと思います。

これは大分前になりますがニコニコ生放送で生中継させていただきました。

特別盛り上がったわけではありませんが
見守ってくれた方が多数いらっしゃいましたし
私自身楽しかったので満足しております。

記事にしていくのは実際に必要な道具とその作業工程になります。

まず必要な道具について説明していきたいと思います。



■綿棒

【Amazon.co.jp限定】コットンスティック綿棒 200本×6個パック
【Amazon.co.jp限定】コットンスティック綿棒 200本×6個パック

安くて大量に入っているやつなら何でもいいと思います。

牌についた余分なアクリル塗料を吸い取ったり
仕上げをする時に役に立ちます。



■爪楊枝

爪楊枝(つまようじ) 500本入×2個
爪楊枝(つまようじ) 500本入×2個

アクリル塗料を剥がす時や
アクリル塗料を牌に付ける時に使用します。

1.使用中に場所を取らない
2.使用後に簡単に処理できる
3.多種の道具を揃えなくてもいい

利点が多すぎて爪楊枝を利用しない理由が存在しません。



■除光液

CJ ネイル エナメルリムーバー 除光液 150ml(昭栄薬品)
CJ ネイル エナメルリムーバー 除光液 150ml(昭栄薬品)

アクリル塗料を落とすために使用します。

除光液は安く手に入るからという点で使用しておりますが
女性化粧品のためにちょっといい匂いがすることもあります。

こびりつくような匂いではありませんし
ずっと残るわけではありませんが完全に匂いが消えてからケースに入れましょう。

気になる方はタミヤさんが出しているものを購入しましょう。

タミヤカラー アクリル塗料 X20A アクリル溶剤(特大) 250ml
タミヤカラー アクリル塗料 X20A アクリル溶剤(特大) 250ml

私は除光液を利用して作業をしましたが
安いものだからか、除光液だからか、初めてだからか分かりませんが
新品を購入して5割以上消費しました。



■歯ブラシ

歯科医院向歯ブラシ Fa23-M(ふつう) 1本 (アイボリー)
歯科医院向歯ブラシ Fa23-M(ふつう) 1本 (アイボリー)

わざわざ新品を使用しなくても使い古したものでも良いと思います。
でも気になる人もいるでしょうから安くて多いものを買うのがよいでしょう。

やわらかさは「かたい」ほうがいいでしょうね。

何本か用意するほうが後々良いのかもしれませんが
1本でも十分やっていけるのでご安心ください。



■アクリル塗料

タミヤカラー アクリル塗料ミニ XF1 フラットブラック (つや消し FLAT)タミヤカラー アクリル塗料ミニ XF2 フラットホワイト (つや消し FLAT)タミヤカラー アクリル塗料ミニ XF5 フラットグリーン (つや消し FLAT)

タミヤカラー アクリル塗料ミニ XF7 フラットレッド (つや消し FLAT)タミヤカラー アクリル塗料ミニ XF8 フラットブルー (つや消し FLAT)タミヤカラー アクリル塗料ミニ X12 ゴールドリーフ (つやあり GLOSS)

タミヤカラーのアクリル塗料を使用しました。

100円ショップのアクリル塗料は指で剥がせる変な塗料だったので
お金を無駄にしてしまいました。タミヤさんのは最高でした。

黒:XF-1 → 萬子の漢字、東南西北に使用
白:XF-2 → オールブラックの牌に使用予定
緑:XF-5 → 索子全般、發、花牌に使用
赤:XF-7 → 萬、1579索、筒子、中、花牌に使用
青:XF-8 → 筒子、7索に使用
金:X-12 → 花牌の春夏秋冬部分に使用

色々な牌を参考にしてカラーリング変更を決めますが
傷が多いとそこに色が入ることがあるので気を付けてください。

これはイコール傷が多く色が薄い牌は寿命とも言えます。



■汚れてもいい土台(新聞紙など)

わら半紙 国更 A4 1箱(1000枚×3冊)
わら半紙 国更 A4 1箱(1000枚×3冊)

そのまま捨てられるものが良いでしょうが
ダンボールを土台にしてもいいと思います。



■水分を通さない土台

これがあれば汚れても良い土台は必要がないかもしれませんし
汚れてもいい土台次第では水分を通さない土台も要らないかもしれません。

作業環境によって使い分けてください。
私は粘土板を使いました。粘土を作業する板ですが汚れが取れなくなりました。
これがベストというのは紹介できません。



■ティッシュ

用意するまでもなくご家庭にあるもので十分です。



この8点があれば問題なく作業ができると思います。

プロの方にお願いすれば2,500円ぐらいで済みます。
これは自分でやりたい方の為の記事ですが
手間暇を考えると依頼したほうが早いかもしれません。

私は自分で色塗りをしてよかったと思えますけど
高い牌ならばやはりプロにお願いすると思います。
その辺りの判断は牌と相談してくださいね。

さて次回は実際の作業工程を追っていきます。



 ← 左画像をクリックしてこのブログを応援していただけるとありがたいです。


関連記事


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。