FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 何を切る?断ラスの手作りTOP > 麻雀手順討論 > 何を切る?断ラスの手作り

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 何を切る?断ラスの手作り|麻雀手順討論

tenho20131026-1.jpg


南2局1本場 南家

9700点持ちという辛い状況で
ある程度大きい点数が欲しい場面と言えるでしょう。

ここで親があるので3900ぐらいでも良しとするかは
その人次第だが皆様ならこの状況下で何を切り出しますか?

出来面子を崩していく選択はこの状況では無いので割愛します。

普通はアレなんですよね。
でも色々な考えを持っている人がいるでしょうから聞いてみたいですね。





■打8筒 打9筒

8筒を打つ選択をする場合は
当然ながら三色同順を見切っていくことになります。

では三色を見切るメリットを考えてみましょう。

打8筒とすれば続けて9筒も打っていきます。
ということは手牌には西が残り後々安全牌として使えるということです。
これは苦しい形から前に進みやすくなりますね。

ドラ色である索子を受けながら広げるという意思を持ち筒子を見切る。
89筒の塔子を切りだすと萬子や索子が広がるということで
萬子なら一気通貫の形も可能性として広がると言える。
この場合は西を切り出し両面という新しい可能性を追えます。

索子は67に58をくっつけた形で
ストレートに9索と西のシャボにしリーチをかけて先制していく手もああります。
9索の出は悪いでしょうけど西は拾えるんじゃないかという意味合いがあります。

ツキが無いということやこれ以上打ち込めないということを考えるならば
安全度が高い打ち方を優先させていくこともあるでしょう。

ちなみに89筒を切る選択ならやはり8からになるでしょう。



■打6索

辺7筒、嵌8索チー、9索、西ポンで聴牌取りができます。

受け入れの枚数的にも点数的にも問題がないし
私ならこれを切りますがみなさんはいかがでしょうか?



■打7索 打9索

ううむ?



■打西

純チャンの手順は残りますけど
枚数的にはさほど変わらないのでちょっと手順ミスじゃないのかなって思っちゃいます。



■総括

これは私の牌譜ではないし終わったことなのでアレですけど
結論から言うと789を追っても7筒が枯れてあがれないということです。

56799西西ならリーチをかけて和了できたと思います。
つまりあの時点では8筒打ちがベストだったということです。
結果論ですけどね。

ただし私なら場にある23索を持っていますし
後に持ってくる5索でツモあがりをしています。

ちょっとの早打ちが死に手を作ってしまうこともあるし
引き返せるチャンスを逃してしまって
さらにひどい状況にしてしまうこともあるということですね。

とりあえずこの牌譜主は打西をしましたので説教しときました。



 ← 左画像をクリックしてこのブログを応援していただけるとありがたいです。


関連記事


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。