FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > この6索を鳴きますか?TOP > 麻雀手順討論 > この6索を鳴きますか?

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この6索を鳴きますか?|麻雀手順討論

tenho20131019.jpg


この状況下で6索を鳴きますか?

あなたの考えをお聞かせ下さいませ。





■鳴く選択

まず上下の打6索のタイミングからして筋払いを考えて
13か23ができているとするとすると
場に1索があるので23ができているとする。

もちろん24のカン3受けもあるが
通常は赤5索の受け入れを考え2索を払っていく。

嵌張で固定するよりも246のどれかをくっつけて
例えば45677などの連続系をほぐすなど
違う色を広げたほうが良い受け入れになっていくので
残すのなら46になっていくのだろう。

もしカン3索に打ち込んでも大したダメージではないと考える。

対面の19索打ち、これは筋払いカン5索が見える。

これは覚えておいて欲しいが1469とあれば
序盤で19を払いきることが多くなるのでカン5索が浮かぶのだ。
手になくても後から持ってきた場合でもこういう状況が生まれやすい。
これは牌の流れとも言えるだろう。

したがって2索は上下に1枚ずつ入っていると考えるのが良さそう。
特殊な場合があって3索がロン牌となることもあるが
とりあえずロン牌となりにくい3索単騎にして渡り打ちをする。

この渡りを打つことで一時的に枚数は減るが
筒子を動かすことが出来るというのが一番のメリットだろう。

1筒ツモ 1123678 14筒待ち
2筒ツモ 1223678 2筒待ち から4筒を狙う
3筒ツモ ツモ切り
4筒ツモ 1234678 14筒待ち から5を狙い3面張を目指す
5筒ツモ 1235678 58筒待ち から4を狙い3面張を目指す
6筒ツモ 1236678 69筒待ち
7筒ツモ ツモ切り
8筒ツモ 1236788 58筒待ち
9筒ツモ 1236789 69筒待ち

37だけはツモ切る選択になるが
カン4索で固定するとこうした未来が奪われると考える。

場の状況から手牌を考え前に進む手順を取れば
堅苦しい型から開放できることもあるのです。



■鳴かない選択

上記の鳴く選択で述べた型を考えると14索が危険牌なので
その危険牌で受けていくということも出来る。

向聴数が変化しない鳴きや手牌が短くなりすぎる鳴きを嫌う場合は
この状態では受けを重視し遅くなっても打てそうな37索を払って
他家の仕掛けや状況に合わせて降りていくことを視野に入れるて打つ。



■総括

打ち手の読みによってもっと細かく探ることは出来るでしょうが
簡単な読みではこんな感じでしょうか。

みなさまの忌憚のないご意見をくだされば私は幸せです。

ちなみにですが6索を鳴いていた場合は
下家が2索をツモって打3索をしたらテンパイしている状況ができます。

これは私の牌譜ではありませんが
打っている方は鳴かない選択をして4索をツモあがりました。

どっちにしろあがることができたと思いますが私なら6索鳴きです。

こういうのってあれですか、鉄鳴きっていうんですか?使い方ワカンネ。



 ← 左画像をクリックしてこのブログを応援していただけるとありがたいです。


関連記事


コメント

鳴きません
自分のツモを放棄してまでする鳴きとは思えません(。-_-。)

2013年10月21日 03:20 from しのぶURL

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。