FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 9.11アメリカ同時多発テロ事件についてTOP > 日記 > 9.11アメリカ同時多発テロ事件について

 スポンサーサイト|スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 9.11アメリカ同時多発テロ事件について|日記

ELL95_baranosakuniwa.jpg


今回は麻雀ブログらしくないけど
素のnotan2007らしいことを書いていきます。

今回は2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件についてです。
この事件が発生したのは今から12年前のことです。

アメリカだけではなく
世界中が注目した事件は
まるで映画のようで、非現実的な感覚を感じさせるものでした。

当時20歳前後の私は
人の死について考えることはあっても
死というものが現実味がありませんでした。

しかしテレビから流れる
ショッキングな映像は心に死の形を刻み込んだのです。

ワールドトレードセンタービルに衝突する飛行機。
全員が避難する前にビルは崩れ落ちました。

その瞬間、多くの命が、夢が、希望が、消えてしまったのです。

私は身震いがしました。

その場にいたら私はきっと泣いていたし叫んでいたと思います。

私は考えました。数日の間考え続けました。

どれだけ清く生きていても
どれだけ楽しく生きていても
暴力的に身勝手な思考で命を奪われてしまうことがある。

その人たちが描いた夢はどこへ行ってしまうのだろうか?
残された人たちの悲しみはいつになったら癒えるのだろうか?

色々なものが浮かんで消えていったと思います。

何が出来るかはわかりませんでしたが
いい加減に生きることや、人を傷つけることはしたくないという
そんな気持ちが強くなりました。

私はこの事件が発生してから吸い続けていたタバコをやめました。

真剣に何かと向き合うことも深みがでたと信じています。

アメリカ同時多発テロ事件だけではなく
東日本大震災でも考えさせられることがありました。

事の大小種類はありますが日々奪われている事実があるのです。

インターネットが発達して
内面の部分をこうして表に出し見てもらうことが増えましたが
私はとても良いことだと思っています。

失ってしまった人たちの、夢や希望、愛情は形を変えて育みたい。

私は忘れません。

私が死ぬまであなたたちと共に歩み、生きていきます。

そう。しっかりしないとね。

notan2007




最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事に使用した画像は
できるだけ暗く悲しいもので終わらせたくないのと
未来につながるようなものになれたらという気持ちをもって
美しい画像にさせていただきました。

使用画像は「無料写真素材ぱくたそ」さんのものを使用させていただきました。



 ← 左画像をクリックするとこのブログを応援していただけることになります。


関連記事


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。